40代半ばの私の大量の吹き出物の原因は「瘀血(おけつ)」?


スポンサーリンク

今年の年明け早々に高熱(39度5分)を出し、その後顔中に大量の吹き出物が出きてしまいました。

あまりにもひどい状態だったので漢方医院行き、それ以来ずっと通院しています。

nekorecipe.hatenablog.com


待合室で他の患者さんの話を聞いていたところ、どうやら短くても半年~一年半くらい通院するのが普通のようでした。
ももう半年以上通っています。長いですね…

 

私は「OurAge」というサイトの記事をよく読んでいるのですが、

ourage.jp

 

更年期世代の悩みに関する記事が多くて参考になることが多いのですが、 読みながら「コレかっ!」と思わず声を上げそうになったこちらの記事。

ourage.jp

記事中にこのように書かれているのですが、

舌をみる、
これはだれでもどこでもできる
漢方的健康診断のようなもの
「舌診(ぜっしん)」

ベーって力を抜いて、出した時の舌の色が
紫っぽい?
舌の裏をひっくり返して見て
静脈がはっきり浮かんでない?
これが瘀血サインです。

私は病院で診察して貰う際には必ず、ベーッと舌を出し、舌先を上に上げて舌の裏側を見られます。なるほど、こういうことだったんですね。

因みに通い始めた当初から、血のドロドロを改善するということは聞かされていました。そのために食事の指導されたりもしました。

漠然とは解っていましたが、どういう治療をしているのかがこの記事を読んでやっとはっきり理解できた気がしました。

 

この記事内に出てくる女性は

首に赤みのある吹き出物が
びっしり

とのことですが、私は「顔全体に赤みのある吹き出物が びっしり」でした。

 

 

当時撮影した吹き出物の写真です。

 

1月28日
f:id:nekorecipe:20170817143455j:plain

1月30日

f:id:nekorecipe:20170817143635j:plain
大量の吹き出物ができて、特に左頬は吹き出物だらけで頬全体が真っ赤です。
酷いでしょう?

こんな感じの吹き出物がおでこやこめかみ、まぶたにまでびっしり出来ていました。この吹き出物が徐々に大きく成長して、最後は芯が潰れて大変なことになるんですよね。

病院で処方してもらったお薬を飲み始めて数週間で状態はかなり落ち着きましたが、当初はどうなるんだろうと不安で不安でたまりませんでした。

 

こちらの2月20日の記事内で口元の写真を載せていました。

nekorecipe.hatenablog.com

f:id:nekorecipe:20170220133459j:plain

頬に大きな吹き出物の跡が残っていますが、それでもかなり良くなっていますね。一応、まだ残っている吹き出物は避けて写真を撮っています(^_^;)

 

今現在は、眉のあたりやこめかみのあたりが痒くなることはよくありますが、吹き出物ができることはありません。
涼しくなってきたら徐々に薬を減らしてもらえるハズです。

f:id:nekorecipe:20170817152903j:plain

 

余談ですが、先程紹介した「OurAge」内で私が一番衝撃を受けた記事がこちら。猫背で悩んでいる方は必見です。

ourage.jp