床拭きロボット「ブラーバ ジェット240」は痒いところにも手が届くお掃除ロボットでした。


スポンサーリンク

「あなたのルンバ・ブラーバ「1番の魅力」投稿キャンペーン」で当選した『ブラーバ ジェット240』を実際に使ってみました。

 

ブラーバ ジェット240で水拭き掃除の準備

f:id:nekorecipe:20180502095243j:plain


ブラーバ ジェット240を使う手順は、

  1. バッテリーを装着
  2. 専用のクリーニングパッドを装着
  3. 本体のタンクに水を入れる
  4. CLEANボタンを押す

たったこれだけです。

 

ちなみにブラーバ ジェットの専用のクリーニングパッドは

  • ウェットモップモード
  • ダンプスウィープモード
  • ドライスウィープモード

の3種類あります。

f:id:nekorecipe:20180502095001j:plain

今回は長年拭き掃除をしていなかった床なのでおそらく床にホコリがこびりついているであろうと考え、ホコリと汚れを拭き取ってくれる「ダンプスウィープモード」にしてみました。

裏返してパッドを装着。カチッとハマるまでスライドさせるだけで簡単に取り付けられました。

f:id:nekorecipe:20180502094919j:plain

 

表側に戻して、このように持ち手部分の下側に給水タンクの蓋(左)とパッド着脱用のレバー(右)が隠れています。

f:id:nekorecipe:20180502094523j:plain

タンクの蓋をズラして水を入れ、蓋を締めます。

f:id:nekorecipe:20180502094746j:plain

以上で準備は完了です!

 

ブラーバ ジェット240で水拭き掃除を初体験!

実は今回ブラーバが当選したのをいい機会にと、家に放置してあった使っていない家具たちを粗大ごみに出しました。
家具を放置していた部屋は、たまに掃除機はかけていましたがもう長いこと拭き掃除はしていませんでした。
きっと拭いたら凄いことになるんだろうな…と思いつつ、早速ブラーバジェットにひと仕事してもらいました。

 

CLEANボタンを押すと、拭き掃除が始まりました。

f:id:nekorecipe:20180502095945j:plain
こんな風に水をピュッと撒いて汚れを拭き取っていきます。

 

1列ずつズレながら隙間なく拭き掃除していきます。

f:id:nekorecipe:20180502100103j:plain
水拭きされた右半分が瑞々しく、そして清々しいですね(^^)

f:id:nekorecipe:20180502100134j:plain

 

長年放置してほこりが貼り付いた床を拭き掃除した結果がこちら!!

f:id:nekorecipe:20180502100227j:plain

真っ黒!!!

いやー、いい仕事してくれました。
正直ここまでしっかり拭き掃除してくれるとは予想外でした。

 


今回ブラーバジェットを使ってみて特に感心したのが小回りの良さ。

先ほどとは別の場所で使ってみましたが、このような入り組んで狭い場所にも自ら入り込んでコーナーまできっちり拭き掃除してくれました。

f:id:nekorecipe:20180502100414j:plain

ブラーバジェットが入れる広さであれば、どんな狭いところでも入っていきました!

ちょっと出っ張った家具の足回りなどは何度も切り替えして隅々までパッドで拭き取っていました。

小さな凹凸も見逃さず。

f:id:nekorecipe:20180502100627j:plain
本当に優秀です。

 

廊下の端までスイスイ~

f:id:nekorecipe:20180502100833j:plain

床がピカピカになりました(^^)

 

実は私、床拭きロボットなんてなくてもいいでしょ?派の人間だったのですが、一度使っただけで考えを改めさせられました。これはあった方がいいですわ。

 

 

アイロボット ファンプログラムに参加しています!

form.ambassador.jp