『WELLATON 2+1 クリームタイプ』6GM マットブラウンでセルフカラーリングしてみました。


スポンサーリンク

WELLATON 2+1 クリームタイプで白髪染めをしました。
これで染めるのは多分4回目になるのかな?
最初は自分で髪を染めること自体初めての経験でしたので戸惑いながら染めていましたが、4回目にもなるとすっかり慣れましたよ(^^)

 

f:id:nekorecipe:20171011191905j:plain

WELLATON 2+1

しっかりキレイに染まる クリームタイプ
医薬部外品 60g+60g+7.3mL

内容物
・A剤(カラーベース)/B剤(クリームデベロッパー)/混合用トレイ
f:id:nekorecipe:20171011192050j:plain

・エッセンス/コームブラシ/手袋/使用説明書
f:id:nekorecipe:20171011192147j:plain

 

私の場合は、40代半ばになって白髪がチラホラ出てき始めました。
前髪のちょうど剃り込みの部分っていうのかな?左右どちらともこの部分に数本ずつまとまって白髪が生えているので前髪を上げるとかなり目立って恥ずかしいため、まだ本数はあまり多くないのに白髪染めが必須になってしまいました。

ここ最近はセルフカラーリングをしています。
『WELLATON 2+1 クリームタイプ』は、初めて使ったときから一人でもとても使いやすくてしっかりと染まってくれたので、それ以来気に入って使い続けている白髪染めです。

WELLATON 2+1 クリームタイプはカラーバリエーションが豊富!

f:id:nekorecipe:20170610205013j:plain

最初はウォームブラウンという、ちょうど中間色にあたるカラーを使ったのですが、私の髪はとても赤みが強く出る髪なので、使うたびに徐々に赤みを抑えた色に変えて試行錯誤しています。

今回は6GMという「やや明るいおしゃれな雰囲気のアッシュブラン」というカラーに染めてみました。

f:id:nekorecipe:20171011192636j:plain

クリームタイプは自分一人で染めても、垂れてくることもないのでとても染めやすいです。 顔や首などに付いて染まったなんてことも一度もありません。

泡タイプなどのほうが手軽なのかもしれませんが、クリームタイプはしっかり染まると思います。 後頭部などは初めて染めた時はかなり戸惑いや不安がありましたが、2回、3回と使っているうちにすっかり慣れてしまいました。

量は、私の場合だと、肩につくくらいのセミロングだとギリギリ足りるかやや物足りなさを感じるくらいの量です。これは多分、私の手際が悪く、全体に塗るのに時間がかかりすぎているためだと思います。あと、髪質が太くて硬いので、髪が細い人よりも多い量が必要だと思います。
前回は最後は若干足りないのを無理やり髪全体に塗り広げた感じだったので、今回は事前に髪を「ギリギリ結べるかな?」というくらいの長さに切ってきました。(このために少しの間切るのを我慢していましたw)

そのおかげで、今回は最後まで薬剤にかなり余裕がありました。

最後はトレーに残った薬剤を全部髪に塗り、

f:id:nekorecipe:20171011193032j:plain 

ブラシで毛先までしっかり伸ばしてやりました。

f:id:nekorecipe:20171011193220j:plain

全部を使い切らずに、量を調整してリタッチできるくらいの量を残しておくのもいいかもしれません。(クリームタイプは狙った部分にしっかり塗ることができるので、全体染め・部分染めのどちらにも向いていると思います。)

ちなみに気になる臭いについてですが、WELLATON 2+1  クリームタイプはニオイがかなり抑えられているそうです。
私は初めて使った時と2回目くらいまではかなり強烈でクサいなと思っていたのですが、最近はすっかり慣れてしまいました。
ただし染めてから2~3日の間は、夜布団に入って横になると、薬剤の臭い匂いが漂ってきます。ニオイに敏感な方だと気になるかもしれません。

 

私はとても太くて硬い髪質なのですが、WELLATON 2+1 クリームタイプだと白髪も綺麗に染めることができます。今回は一番黄みの強いカラーで染めてみたのですが、これでも私の髪だと全く黄みが出ませんでした。むしろ落ち着いた感じの綺麗なダークブラウンに染まりました。

f:id:nekorecipe:20171011193546j:plain

ちなみにこれはシャンプー&トリートメントをしただけで、その後は何も付けずにただ乾かしただけの状態です。アウトバストリートメントやオイルなど一切何にも付けていませんが、特にそこまでパサついたりはしていません。髪のツヤがないのは、私はもう40代後半なので、年齢的にデフォルトです(^_^;)

分かりやすいように光を当てるとこんな感じ。

f:id:nekorecipe:20171011193623j:plain

以前に6CBというカラーで染めた時の写真と比べると、黄みが強くなった(赤みが抑えられた)のがわかりますね。

f:id:nekorecipe:20170610211730j:plain


今回でカラータイプは一番赤みを抑えたGMというカラーで良いことがわかったので、次回からは明るさを7GM、8GMと変えて試してみたいなと思っています。

季節で色を変えても良さそうですね。そう考えると、冬場はむしろ赤みが強いカラーの方が暖かみがあっていいのかしら?

 

www.wella.com

 

HFCプレステージジャパンのキャンペーンに参加中[PR]