読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSE米肌の肌潤化粧水たっぷり使いで潤い肌へ「米肌 たっぷり使い うるおいレポーター」体験中


スポンサーリンク

KOSE米肌アンバサダープログラムの「米肌 たっぷり使い うるおいレポーター」に参加させて頂きました。

https://www.instagram.com/p/BQSHbJ5Ble0/

米肌 たっぷり使い うるおいレポーター 商品詳細

f:id:nekorecipe:20170209154513j:plain

KOSE米肌 肌潤化粧水 内容量:120ml(約1~1.5ヵ月分) 5,000円(税抜)
KOSE米肌 肌潤化粧水(つめかえ用) 内容量:110ml(約1~1.4 ヵ月分) 4,500円(税抜)
KOSE米肌 肌潤改善エッセンス<医薬部外品> 内容量:30ml(約1~1.5ヵ月分) 7,000円(税抜)
・KOSE米肌 お手入れローションマスク 10個<コイン型タイプ>

 

KOSE米肌 肌潤化粧水

f:id:nekorecipe:20170209154950j:plain

「角層柔軟オイル」配合で、肌を柔らかくほぐし、透明感のあるふっくらキメの整った肌へ導きます。浸透力が高く、角層の奥までしっかり潤いをもたらす保湿化粧水です。

  • STEP 1
    手のひら、またはコットンにとり、ポンポンと肌に押しこむように、やさしくパッティングしながらなじませます。
  • STEP 2
    最後に手のひらで顔全体を包みこんでハンドプレスします。

詰替えのために、中蓋が簡単に取り外せるようになっています。

f:id:nekorecipe:20170209155055j:plain f:id:nekorecipe:20170209155215j:plain

実際に中蓋を取り外してみましたが、本当に簡単!これなら詰め替えも面倒に感じないで済みますね。

透明で少しトロみがありますが全くベタ付き感のない、とても使いやすいテクスチャーの化粧水です。

f:id:nekorecipe:20170209155317j:plain

1回に500円玉くらいの量を手にとって使います。
顔全体に伸ばして押し込むようにパッティングしながら肌に馴染ませてやると、あっという間に肌の奥に浸透していきます。

ベタツキ感がなく、でもお肌はしっとり潤います。元々酷い乾燥肌の私でもガサガサになることはなく、ちゃんと潤いをキープしてくれています。

香りは特にないので誰でも使いやすい化粧水ですが、香りに癒やされたい!という方にはちょっと物足りないかもしれませんね。

 

KOSE米肌 肌潤改善エッセンス<医薬部外品

f:id:nekorecipe:20170209155816j:plain

角層内で潤いを保つセラミドを生み出し、肌自らが水分をたくわえる力(水分保持能)を改善*する薬用保湿美容液。 乾燥などの外的刺激に負けない、すこやかな肌にととのえます。

  • STEP 1
    手のひらに2プッシュ分とり、顔全体にムラなくのばしていきます。
  • STEP 2
    最後に手のひらで顔全体を包みこんでハンドプレスします。

白くて少し柔らかいテクスチャーの美容液です。

f:id:nekorecipe:20170209160215j:plain

2プッシュ分を手にとり、顔の内側から外側に引き上げるようにしてお肌全体に伸ばしていきます。
なめらかで、スーッとお肌の上で溶けていく感じで、よくお肌に馴染みます。

f:id:nekorecipe:20170209160333j:plain

伸ばしている時の手触りは、肌に一枚膜ができたような、ヴェールに包まれたような感覚になります。(あくまでも個人的な感覚ですが)

今年の冬は、入浴後に顔を拭いた途端にお肌が乾燥してツッパって大変だったのですが、今回、この肌潤化粧水と肌潤改善エッセンスを使いはじめてからはツッパリ感が徐々になくなっている気がします。この点だけでもかなり潤いを実感できています。

また、毎年悩まさせているホッペタのガサガサによる粉吹きが気にならないのが特に嬉しく思います。粉吹きがないおかげでファンデーションのノリが良く、メイクの仕上がりもかなり良くなりました。メイクの仕上がりがいいというだけで、気分的にも良い影響がありますよね。

KOSE米肌お手入れローションマスク 10個

f:id:nekorecipe:20170209160602j:plain

化粧水を含ませると顔の形に広がるローションマスク。

f:id:nekorecipe:20170209160756j:plain

こだわりの天然綿100%使用しており吸湿・放湿性がよく、肌への密着性が高いため、化粧水の美容成分をじっくり浸透させることができます。

実際に販売されている15個入りの本品(400円税抜)には、1回分の化粧水(7mL)を含ませることができる便利なトレーが付いているのですが、今回頂いたマスクにはトレーは付いておらず、肌潤化粧水の蓋を利用してマスクに化粧水を含ませます。

f:id:nekorecipe:20170209160846j:plain f:id:nekorecipe:20170209161115j:plain

蓋の内側半分くらいまで化粧水を注ぎ、マスクを浸します。

f:id:nekorecipe:20170209161433j:plain

十分に浸ったらマスクを取り出して広げ、5分程度顔に乗せます。

このようにとても薄いマスクです。

f:id:nekorecipe:20170209161501j:plain

目もと・口もとなど各パーツのくり抜きやフェイスラインの切りこみを最小限にすることで、簡単につけることができ、顔のすみずみまで潤いをいきわたらせることができます。

f:id:nekorecipe:20170209161648j:plain

とても薄いマスクなのでお肌への密着感がありますが、結構しっかり化粧水を含ませてやらないと剥がれやすい気がしました。ケチらないでたっぷり化粧水を浸しましょう。

今回、肌潤化粧水とエッセンスを体験させて頂いたのが、顔中に酷い吹き出物ができた時期と重なってしまいました。大丈夫かな?とちょっと心配しながら使ってみたのですが、全くシミたりすることなどなく、酷い肌の状態でも心地よく使うことができました。
使い始めてからはお肌の調子が良くなっていくばかりでしたので、毎日のお肌のお手入れにもやりがいがありました。

肌潤化粧水と肌潤改善エッセンスのどちらも、どちらかと言うとアッサリとしたテクスチャーなのにしっかり潤うというのは本当に不思議な感じがします。
KOSE米肌は私のお肌には凄く合うので、毎回必ず使い切るお気に入りのスキンケアです。肌潤クリームやアイクリームも一緒に使ってみたいなー。

 

気になる方には14日間トライアル潤い体感セットがオススメ。
豪華5点セット 6,400円(税込)相当が、初回限定1,500円でお試しできます。