女性なら知っておくべき成分『エクオール』は小ジワの改善にも効果あり!?


スポンサーリンク

昔は全く意識しなかった女性ホルモンについて、40代に入ってから色々と気になるようになりました。
でも女性ホルモンについて、どんな働きがあるかなんてよく分かりませんよね。

 

女性の健康と美容を司る「女性ホルモン」は40代以降、急激に減少するそうです。

私は40歳を過ぎた途端、お肌のたるみやくすみなどの衰えを急激に感じ始めました。急に実感して慌てることがないように、事前に知っておくのが大切だと思います。

オススメなのが『ホルモンケア推進プロジェクト』というサイトです。
女性ホルモンの知識や正しいケアの仕方などを詳しく知ることができます。

 

私が『ホルモンケア推進プロジェクト』で知って興味を持ったのが「エクオール」という成分です。エクオールは女性ホルモンに似た働きをすると話題の成分なのだそうです。

 

 

クオールってどんな成分なの?

40代に入ってから、私は意識して大豆食品をなるべく食べるようにしています。減少する女性ホルモン対策としてですが、大豆イソフラボンはあまり摂取し過ぎるのも良くないとのことなので、量をセーブしながらしか摂取できません。

ホルモンケア推進プロジェクトの記事によると、

大豆イソフラボンが腸内細菌によって代謝されて生まれる「エクオール」という成分こそが、大豆イソフラボンよりも、女性ホルモンに似た働きをすることが分かった

とのことです。

そして驚くことに、すべての人が体内でエクオールを作れるわけではないということです。日本人でエクオールを産生できるのは約50%だけなのだそうです。

もし自分がエクオールを産生できない人間なら、大豆イソフラボンを一生懸命摂取しても無駄ということですね…

しかし!安心してください。
クオールを産生できない人でも、エクオール含有食品を摂取することができ、女性ホルモンに似た作用を発揮してくれるのだそうです。

自分でエクオールを産生できる人でも、余分なエクオールはすぐに体外に排出されてしまうので、毎日大豆製品を摂取しないとエクオールが体内から無くなってしまうようです。

 

クオールを産生するための3つの栄養素

日々の食事でエクオールを増やすには、次の3つの栄養素が必要です。

  1. 大豆製品:大豆イソフラボンの供給源
  2. 食物繊維:エクオール産生菌を増やすはたらき
  3. 乳酸菌:エクオール産生菌を整える

クオールとは関係なくてもどれも体に良い栄養素ですので、エクオールを体内で産生できるできないに関わらず、毎日摂取するよう心がけましょう。

 

クオールの効果

クオールは、ホットフラッシュや発汗、肩こりなどの更年期症状の軽減や、骨粗しょう病の予防、メタボの解消、動脈硬化のリスク軽減に効果があるのだそうです。
小ジワの改善にも効果があるのだとか。(これが一番嬉しいような)

その他にも、エクオールPMS月経前症候群)の症状改善にも期待できるといわれています。体内でエクオールを産生できる人の方が、PMSの症状が軽いという結果が出ているそうなんです。

私は昔から生理痛がとても酷かった(今でも辛い)ので、エクオールを産生できない可能性が高いなと思っています。
自分がエクオールを産生できるか知りたい人は「ソイチェック」で検査できるそうです。詳しくはホルモンケア推進プロジェクトをチェックしてみてください。

 

 

ホルモンケア推進プロジェクトのキャンペーンに参加中[PR]