読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙を始めてから、睡眠のために私が実際に行ったこと

健康

スポンサーリンク

禁煙を始めて以降、眠りについて考える機会が多くなりました。

単純に、眠れなくなった・逆にいくら寝ても寝足りなくなったという睡眠時間についての悩みもありますが、それだけでなく、質の良い睡眠をとるにはどうすれば良いのかを考えています。

f:id:nekorecipe:20151204181629p:plain

睡眠のために、私が実際に行ったこと

禁煙を始めてから睡眠のために行ったことがいくつかあります。

夕方以降はノンカフェインの飲み物に変えた

もう何十年もの間カフェイン入りの飲み物しか飲んでこなかった私が、夕方以降の飲み物をノンカフェインに変えました。

コーヒー(冬はホット、それ以外はアイス)と烏龍茶(年中アイス)しか飲んでいなかったのですが、今現在は夕方以降はルイボスティーとカフェインレスのインスタントコーヒーを飲んでいます。

それにしても、インスタントコーヒーは不味いです。

 

枕を買ってみた(ただし激安品) 

なかなか自分に合う枕がなかったので、最近はネットでよく見かける「タオル枕」を作っていました。しかし、これが逆に肩こりや首こりを悪化させたのではないかと考えています。

首の後ろがベッタリと圧迫される感じが苦手なので、ニトリで1,000円以下の激安パイプ枕を買ってみました。

今のところは「お試し中」といったところですが、なんだかイマイチな気がしています。

 

 

さて、これとほぼ同時期に、朝スッキリ起きる方法について考えていました。
なぜなら、朝スッキリ起きられるのは、良い睡眠が取れてこそだと思うからです。

この記事中で、ネットでよく見かける「早起きのコツ」をいくつか書き出しています。

  1. 目覚ましを眠りが浅い時間に合わせる(6時間または7.5時間後)
  2. 前日の夕食を食べ過ぎない(寝る前に食べない)
  3. 目覚ましを遠くに置く
  4. 布団の中で体を動かす(手や足をのばすなど)
  5. カーテンを開けて寝る(遮光カーテンではないカーテンにする)
  6. 冬は起きる30分前に暖房のタイマーをセットする

 

目覚ましを眠りが浅い時間に合わせる(6時間または7.5時間後)

これについては、また後日、別の記事で書こうと思っています。(現在まだ実践中で結果が出ていません)

夕食を食べ過ぎない(寝る前に食べない)

就寝前の飲食は、睡眠には良くないそうです。
私はできるだけ早い時間に夕食を食べるように心掛け、遅くとも就寝時間の3時間前までには食べ終わるようにしています。

目覚ましを遠くに置く

この方法は無理やり起こされた感が強く、とても寝覚めが悪くなります。
確実に布団から出ることはできるので絶対に寝坊できない時には有効だと思いますが、普段からはあまり使いたくない方法です。

布団の中で体を動かす(手や足をのばすなど)

あまりに酷い睡魔には勝てませんでした。私は運動しながら二度寝してしまいました。

カーテンを開けて寝る(遮光カーテンではないカーテンにする)

益々寒くなるこの季節には向かない方法ですが、とても手軽に試せるという点では、冬場以外の季節にはぜひ実践したい方法です。

私が住んでいるのが福岡県福岡市中央区のマンションの下層階ということもあり、カーテンを開けると部屋が真っ暗にならないので、熟睡するにはあまり良くない環境になってしまいます。

そこで私なりに考えて、太陽の光ではなく、テレビのおはようタイマーを利用する方法を試してみました。 

朝起きたい時間の少し前に、「サンライズ」という徐々に明るくなるモードでおはようタイマーをセットしておきます。

https://www.instagram.com/p/-2rSUJMbKq/

私が実際に試したところ、タイマーでテレビが点いてから5~10分くらいで、自然に気持ちよく目が覚めました。ただし、体がテレビと逆向きになっていたり布団が目に掛かっていたりすると、明るさに気付かずに寝過ごしてしまいました。

念のため目覚まし時計もセットした方がいいですが、寝覚めという点ではとてもスッキリ起きることができる方法です。

冬は起きる30分前に暖房のタイマーをセットする

これについては、まだ暖房を付けるのは勿体ないと思うので実践していません。

かなり昔(まだ私が若かった頃)に朝エアコンのタイマーをセットしておいたところ、あまりの気持ちよさに寝坊してしまった経験があります。適温でなく、多少暑苦しいと不快に感じるくらいの方が、すぐに目が覚めるかもしれません。

 

寝付きはとても良くなった

私はここ20年近く、布団に入ってもなかなか眠ることが出来ないのが悩みでした。

布団に入ってから眠りにつくまでに早くても1~2時間は掛かっていました。酷い時は、外が明るくなり始めた頃になってやっと眠れるという状態でした。

それでも仕事に行かないといけなかったので、少ない時は1~2時間しか寝る時間がありませんでした。そんな状態で数年間は頑張りましたが、結局仕事は続けられませんでした。

 

ところが、禁煙を始めてからは遅くとも30分以内には眠りにつくようになりました。なかなか眠れなかったことが一度だけありましたが、その時は1時間ちょっとで寝ることができました。

ニコチンだけでなく、夕方以降にカフェインを控えたのが効いているのかな?と思っています。